前半の続き

DAY5

5日目はホーストレッキングツアーに参加。クライストチャーチから北へ約15kmの牧場へバンで移動。

牧場に着くと早速乗馬の説明。この牧場の女性は子どもの頃から馬に乗っていてとても馬の扱いが上手いそうな。乗馬はシドニー旅行以来だけど、日本、オーストラリア、NZと馬の乗り方はどこも共通のよう。

乗馬にはだんだんと慣れてきてカメラで撮影する余裕も。

ワイマカリリ川をトレッキング。馬がいれば川も渡れる。

森の中をトレッキング。約2時間のコースだったけど、なかなかに疲れる。

INKYくんありがとう。大人しくていい馬だった。でもここにいる馬たちはもともと競走馬だったそうで、スイッチが入るとめっちゃ走るらしい。

牧場には牧羊犬も。コーヒーとクッキーをいただいて休憩してツアーは終わり。まだまだ時間があったので、海を見にニューブライトンという街に行くことにした。ニューブライトンへはクライストチャーチからバスに乗り、東へ約10km。

サムナービーチと並び、人気のあるビーチだそうだが、平日ということもあり、砂浜にはあまり人がいない。

ランチに海辺のカフェSalt on the Pierへ。

Surf “n” Turfというメニューのサーロインステーキを注文。クリームソースと肉がすごく合う。ホタテと海老も乗っていてシーフードが好きなので大満足。

名所である300mほどの桟橋(Pier)を歩く。

桟橋から釣りをしている人が多い。

桟橋からビーチを撮影。

ニューブライトンの市街地に戻り、雑貨屋を散策。現地のスーパーマーケットに入るのも中々楽しい。

DAY6

6日目は羊の毛刈り&ワイナリーツアーに参加。クライストチャーチからバンで北へ30km。

牧場につくといきなり羊。この時はまだモコモコ。

牧羊犬が上手に羊を追い立てて柵の中に誘導。映画ベイブで見たのと同じだ。

大きなバリカンで毛を刈られる羊。

わりと強引に毛を刈っていく牧場のおじいさん。

見学だけでなく、バリカンを手にとって刈らせてくれた。羊はあったかい。

刈られ終わった羊。

サンドイッチやクッキーを食べながらティータイム。朝食を食べていなかったのでありがたい。

その後ペガサスベイのワイナリーへ移動。

ワインの樽がたくさん。

カウンターで何種類かの品種のワインをテイスティング。ハチミツに近い極甘なワインもあった。

ツアーから戻り、クライストチャーチ内の次の宿YMCAにチェックイン。

昼飯を食べにRe:STARTのハミングバードカフェへ。

サーモンのクレープを注文。ヨーグルトのサワーソースが意外とサーモンと合って美味しかった。今日でクライストチャーチは最後なのでRe:STARTでゆっくりお土産を買うことに。色々と買った。

  • キウイクッキー
  • キウイジャム
  • キウイキャンディーの瓶詰め
  • マヌカハニー
  • マヌカハニーチョコ
  • マヌカハニーハンドソープ
  • 羊のぬいぐるみ
  • ビーフジャーキー
  • CookieTimeのクッキー

その後はカンタベリーミュージアムを見学。ざっと回る。 ハグレー公園の色んな花を撮ってみる。

DAY7

バスでで北へ400km、カイコウラ、ブレナム、ピクトンの街を経由してネルソンの街へ大移動。

カイコウラの街。今回は観光するあまり時間がなかったけど、また機会があればゆっくり観光してみたい。

昼過ぎに目的地のネルソンに到着。サニーネルソンという愛称があるだけあって天気は晴れ。

まずはスーツケースを預けにバックパッカーズへ。

バックパッカーズにはプールもあった。

中は家っぽい内装。雑貨がかわいい。

昼食を食べに川沿いのレストランへ。もう3時過ぎでランチメニューはなかったのでキッシュを注文。

当然足らないので別のお店へ。

でっかいチキンを食べる。

フローズンヨーグルトに自分でトッピングして食べられるお店。ずっと探していたボイズンベリーを発見。

大きいラズベリーみたいな果物で美味しかった。

ネルソンにも同じ名前のクライストチャーチ大聖堂があるので行ってみた。

石造りの歴史を感じる建物。

教会の見どころ、ローズウィンドウのステンドグラスがきれい。バックパッカーズに戻ると夕飯のパンとスープがあった。味はぼちぼちだったけど無料だからOK。

DAY8

最終日はシーカヤックのツアーに参加。ネルソンからバスで北へ60km移動しカイテリテリという街へ。さらにそこからクルーザーで北へ15km行き、トンガ島の近くへ。

海はエメラルドグリーン。

途中で割れたリンゴの形をしたSplit Apple Rockも見ることができた。甲板に座っていると色んな人に話しかけられる。

若干船酔いしつつも目的地のビーチに到着。

まずはガイドさんがカヤックへの荷物の積み方、救命ジャケットの着方、パドリングの仕方を丁寧に教えてくれた。

シーカヤックなので、海に出発!

トンガ島という無人島へ向かう。

ガーゴイルの形をした岩を発見。

岩場にはファーシール(オットセイ)もいたりする。大きいオットセイが泳ぎながらカヤックに近づいてきたときは感動。最後はカヤック同士をくっつけて帆を張り、潮風に任せて進む。

お弁当としてもらっていたパイやハンバーガー、りんごなどを浜辺で食べて解散。

ビーチには細い川が流れていて、メダカみたいな稚魚をたくさん発見。

半日のツアーだったけれど冒険しているような感じでとても楽しめた。ツアーで仲良くなった中国人と話しながらネルソンへ帰る。

夜は大聖堂近くのレストランでラムステーキを食べた。柔らかくて美味しかった。日焼け止めは塗っていたけれど、最終日が一番日焼けした。

DAY9

日本へ帰る日。朝早くに起きて、予約しておいたバンに乗りネルソン空港へ。ネルソン空港からオークランドへフライトし、国際線ターミナルへ乗り継ぎ。国際線ターミナルへ移動する方法が分からず、少し焦るも無料シャトルが出ていることを聞き、国際線ターミナルへ。フライトは風向きの影響で短くなり、約10時間で日本へ帰国。オーストラリアの時もそうだったけれど、税関入口の「おかえりなさい」という文字を見るとやっぱり安心する。無事日本に帰れた。最後に旅の道中ずっと喉を潤してくれたpumpの写真。