新型コロナウィルスによる影響で、3月末から必要な買い物、散歩以外ほとんど家の外に出ていない。元々そこまで頻繁に外に出るタイプでもないけれど、ここまで長引くとさすがにストレスが溜まりつつある。ただ、毎日リモートワークになって、通勤時間のストレスから解放されたり、家でできることが増えたとか良い面もある。

徐々に料理ができるようになっているのを感じる。

自粛あるあるかもしれない。基本外食がほとんど、頑張っても肉や野菜を炒めるくらいだったのに、徐々に肉じゃがとか作りはじめちゃってる。明らかにここ数年なかった突然変異。頑張りすぎるとそれはそれで疲れるので、たまにUberEatsとか挟みながらゆるくやっていきたい。もしくは1ヶ月後には飽きがくるかもしれない。

調味料を揃え始めた

調味料は使用頻度が増えたので、醤油、調理酒、みりん、酢とかは大きめのものを買うようになった。バター、和風だし、コンソメ、味噌。黒胡椒は間違えてミルなしのホールタイプのものを買ってしまったり。失敗しても新しい発見があって面白い。

だし入り味噌はマグカップにいれてお湯に溶かすだけでも簡易味噌汁ができてよい。乾燥わかめ、豆腐、きざみあげ、玉ねぎなどを入れてアレンジが効く。邪道かもしれないけれど、うどんやウインナーを入れても美味しい。

パスタ

パスタを作ってるとそれだけでなんかおしゃれ感でる。何度もパスタを作るようになり、はじめてにんにくを買った。正直自分の味覚ではにんにくの旨さがよくわからない。でもおしゃれパスタにオリーブオイルとにんにくは必須。チーズ、牛乳、卵でカルボナーラができる。コンソメを少し入れるともっと美味い。レトルトソースに何か混ぜるだけでもいいし、麺は保存効くし、適当に余った食材を消費できるので意外とパスタは万能。

サラダ

野菜は健康に良い。はじめは市販のチョレギドレッシングをレタスにかけるだけだったけれど、バルサミコ酢、オリーブオイル、塩胡椒を混ぜるとめちゃくちゃうまいドレッシングができることを知った。サラダも入れるものでアレンジが効く、レタス、パプリカ、ミニトマト、ゆで卵、ベーコン、シーフード、ブロッコリー…。これは前から分かっていたことだけど、昼食を大盛りのサラダにすると痩せる。

キッチン収納を整えはじめる

次第にキッチン用品や食材が増えてきてキッチンが煩雑になってきたので収納棚を買った。横幅が可変するので、ピッタリハマる。マグネットフックがあれば、いろいろ吊せる。開発環境の整備大事。

食材の保存方法に気づき出す

ご飯を冷凍するくらいの知識はあったが、野菜や作った料理も冷凍すると日持ちするらしい。ブロッコリー、しめじ、玉ねぎ、ピーマンなどは買ったら適当な大きさに切って、ジップロックにいれて冷凍すると使いやすい。肉はパックのまま冷凍せずに小分けにすると一度に無駄に解凍しなくて良くなる。

食材の保存方法はこのサイトが参考になった。にんじんは冷凍すると少し不味くなる。

これまで冷凍庫なんてアイス入れるか冷えピタを冷やすくらいしか能がなかったのに、急に大活躍しはじめた。もっと大きい冷凍庫が欲しくなっている。

これから

最近はコチュジャンを手に入れたので、辛味を加えられるようになった。甘辛にすればご飯がすすむ。エビチリとか中華系のやつとか作りたい。

5/21追記: エビチリつくった